ロンドン五輪組み合わせ決定

ロンドン五輪でのサッカーの組み合わせ抽選がありましたね。

男子はスペイン、モロッコ、ホンジュラス。
女子はカナダ、スウェーデン、南アフリカですか。

男子のスペイン戦というと、ちょっと古い話ですが、99年のワールドユース(当時の呼称)決勝を思い出します。
もしかしてあれ以来の対戦ということになるんでしょうかね?
…と思ったら、01年にA代表が親善試合やってるみたいですね。
それにしても、これで5大会連続出場か…
アトランタの時にやっと予選の壁を破ったと大騒ぎしていたのが懐かしいです。
まぁ、当時はまだW杯にも出られていませんでしたしね。
そう考えると、Jリーグ開幕後の日本サッカーの進歩というのはすごいと思います。

女子は、スウェーデンとW杯以来の再戦ですね。
今度はマークされる立場ですから、大会通してかなり厳しい戦いになると思いますけど、
なかなかそういう立場にはなれませんからね。
プレッシャーを楽しむくらいのつもりで(気楽にいうなぁ(^^;)、頑張ってほしいと思います。

これでロンドンに行けます!(ぉぉ

いやぁ、良かったですね(^^)
シリア戦でやらかしたときはどうなるかと思いましたけど…
タイトルの元ネタは北京世代の反町監督です(ぇ

果たして五輪にどれほどの国が真剣に臨むのか、というのは、
あちこちで言われてようではありますが、それでも予選を勝ち抜けたということは、
自信にしてもいいとは思いますし。

もしかすると、オールド・トラッフォードで試合ができるかもしれませんね。
決勝(トーナメント?)まで行けば、あのウェンブリーでも出来るようなので、
そういうところも楽しみの一つであります。
ウェンブリーといえば、あれは建て替える前でしたが、井原正巳さんが日本人唯一の
ゴールを決めたのが95年ですか。
もうそんなに昔になるのか…

なんにしても、貴重な経験になることは間違いないと思うので、ぜひとも頑張ってほしいものです。