1stステージ優勝おめでとうございます

2015 明治安田生命J1リーグ1stステージ第16節 ヴィッセル神戸 1-1 浦和レッズ

2年も放置って、ひでぇなこのブログ(ぇ

さて、ステージ優勝(なんかまだ違和感があるけど)が決まったわけですが。
最後の前後期制だった04シーズンのセカンドステージもレッズが制覇していたわけで、
これでステージ連覇ということになるんですかなぁ。
今回は先にガンバの試合が終わって、その時点で優勝は決まっていたようですが、
確か前回も、ライバルチームが負けたかなんかで、名古屋に負けたけど優勝が決まった、
っていう感じでしたね。
当時のイヤーDVDかなんかに、他会場の結果で大歓声が起こった場面とかありましたね。
史上最大の紙ふぶきとか、懐かしいなぁ…
もう10年も前の事なんですね。
そりゃ、年もとるわけだ(何

ただ個人的には、クラブのここ数年の補強に走る姿勢があまり好きではないので、
正直あまり喜べません。
っていうか開幕戦以外テレビでも見てないし…
今日のスタメンを見ても、生え抜きはウガと関根くんだけですよね。
前回優勝した時だって金満だなんだ言われたこともあったけど、
それでも中心には生え抜き選手がしっかりいたんですけどね。

プロだから勝つことが最優先というのもあるだろうし、実際優勝という結果も
出たわけだから方向性は「正しかった」のでしょうね。
ただ、やっぱり補強と育成のバランスは大切だと思うし、
最近新卒で有望な選手が獲れないところを見ると、
「レッズに行ってもどうせチャンスないし」と思われているようで…
(そんなチャレンジ精神のない選手は最初からお断りという考えもありましょうが)
もちろん、関根くんのように実力でポジションを奪い取ってくれれば、
それが一番いいんですけどね。

リーグやACLを獲った後、08シーズンの大崩壊で、あれだけ強かったのに、
結局このチームには何が残ったんだろうと思ったことがあります。
(その兆候は06シーズン頃から既にあった気がしますが)
目の前の試合に勝つことはもちろん大事ですが、目に見えない「何か」を、
次の世代につないでいくことも大事だと思います。
それの積み重ねが多分、単なる言葉だけじゃない「浦和のサッカー」なのかな、とか。

久しぶりのエントリなんで、あまりまとまっていませんね…
ちゃんと試合を見ていたら、もう少し感じ方は違うのかもしれませんし。
だから、「見ていないやつが偉そうに語るな」と思われてしまうかもしれませんが、
「見ていないやつ」はこう感じたりするんだということで、どうかひとつ…(^^;

それでは、またいつか(ぇ